ワンちゃんの皮膚治療の往診

今日はシーズーの天心くんの往診でした。

皮膚病の持病があり、定期的にお伺いしています。

いつも元気にしっぽを振ってお出迎えしてくれます(*^^*)


天心くんは療法食やお薬が苦手なので、飼い主さんとご相談しながら

試行錯誤して治療にあたっています。

往診でも、必要な皮膚の検査は、顕微鏡を持参してその場で行うことができますし、

必要に応じて細菌培養感受性試験などの精密検査にもご対応できます。


今日は、皮膚炎の犬猫用に開発された「皮膚保護服」のモニターをお願いしました。

掻いたり舐めたりすることを防ぐもので、

抗菌消臭、UVカット、通気性や伸縮性の良い素材で作られています。

赤ちゃんの肌着のように、縫い目を外側にして刺激を与えないように工夫されています。

エリザベスカラーのようなストレスはほぼありません。

ただ、排泄の穴が開いているのでお腹~お尻と、足先はカバーできません。

天心くん、着心地は良いようで、この後服を着たままウトウトしていました☆





0回の閲覧

© 2018  訪問獣医あっとほーむ

 訪問獣医あっとほーむ

〒274-0063 千葉県船橋市習志野台7丁目

TEL: 080-4883-2121 

  • Instagram - Black Circle