猫ちゃんの在宅治療&通院補助

昨年から定期的に往診させていだたいている、アメリカンショートヘアのマロンちゃん(9歳)です(=^・^=)

キャリーに入るのが苦手で通院がなかなか難しいということで、当院をご利用下さっています。


最初の時は、体調不良の原因を探るために往診で診察・血液検査を行いました。

その結果、病気の診断の為にはレントゲン検査が必要ということが分かった為、

今度はキャリーに入れるお手伝いをさせて頂き、病院で検査を受けて頂きました。

何度か通院のお手伝いをし、体調が安定して治療方針が定まったので、

現在はまた往診で診察とお薬の処方をさせて頂いています。


マロンちゃん、元気に走り回れるようになって、だんだん私の訪問にも慣れてきてくれた様子もあり、嬉しい限りです☆


かかりつけ病院への通院の補助だけのご依頼なども、お受けしています。

お困りの際にはご相談ください(^^)



23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示